おいしいもの@ジャカルタ

カモメの2階に出来たものは・・・

最近、世界中で、特にアジアでは日本料理がブームです。

ヘルシーだからなんだそうですが・・・そのブームに乗って?かこんなお店まで

出現しました!

先ごろ、日本食スーパーカモメの2階にオープンした日本風カレー屋さん。

その名も「えびす屋」。

純粋な日本食ではないですが、日本のカレーはやっぱり他の国とは全然違い、

やっぱり日本の味です。

インドネシアにもカレーはありますが、ココナッツを使ってスパイスたっぷりのカレー。

美味しいのでたまに食べますが、やっぱり日本のカレーが恋しくなります。

インドネシア風ではない、純粋な日本のカレーを求めて早速カモメの2階へ。

広々と明るい店内にはカウンター席とテーブル席があり、一人ご飯もそれ程

気まずくはなさそうな雰囲気。

行った時間が遅かったので、店内はお客さんもまばらでした。

店員の数の方が、お客数より上回ってる・・・ジャカルタらしい風景が

見る事ができます。

お勧めはチキンカツカレーという事でしたが、カレーだけだと野菜がとれないので

追加トッピングで野菜をチョイス。

Img00138201007221345

かなりボリュームのあるカレーに・・・。

肝心のお味は、「日本のカレー!」という感じ。

野菜やお肉の甘みが溶け出して、複雑な味の日本のカレーです。

甘いけど、ピリっと辛い懐かしい~カレーにちょっと感激。

お米も程良い固さに炊けていて、固めご飯+カレーの好きなistriはかなりツボ。

このボリュームのあるカレーをペロっと完食した後は、ジャカルタ名物

タダでついているデザートが!

(余談ですが、これになれてしまうと日本に一時帰国した時にランチをすると

デザートが普通についてなくてなんだか物足りなくなります。。。ある意味、

ジャカルタ病?)

どこのお店も、あんまり美味しくないゼリーだったり、カットフルーツだったりしますが

ここのはなんと!

とろけるミニプリン!!!!

Img00139201007221401

ちゃんとバニラビーンズも入っていてかなりクオリティ高し!

う~ん、デザートも美味しいとまた行きたくなっちゃいますね。

気になるのはお客さんがあんまり入ってない事・・・。

お店の回転の速いジャカルタで生き残って欲しいので、カレー好きの私も

売上協力の為に、頻繁に通うかな。

お買いものついでに、カレーライフ・・・になりそうです。

我が家のセカンドダイニング

海外に住んでいると、無償に和食が食べたくなる時があります。

他の海外を知りませんが、その点、ジャカルタは和食天国!

日本人が約1万人も住んでいるからというだけでなく、和食はヘルシーという

イメージで、今とてもブームなのです!

この1年、2年くらいでとにかく、和食屋さんが増えました。

チョイスがいっぱいあるというのはとても良いこと。

いくつかある和食屋さんの中でも特にIstri家お気に入りがこのお店です。

Akane

メニューの中身は日本の居酒屋さんのようなもの。

焼き鳥、おでん、お好み焼きなどなど。お酒の種類も沢山あります。

好みがあるでしょうが、ここのお店は日本にあっても繁盛するかも?くらい

味も美味しいです。何より、我が家のセカンドダイニングに認定された理由の

一つは、野菜が豊富に食べられる事。

野菜のメニューを頼まなくても付け合わせでもりもり野菜が食べられます。

野菜メニューでIstri一押し?は「若布と胡瓜の土佐酢」。

Tosazu

一見地味なメニューですが、甘酸っぱいのが好きな私のツボなのです。

どうしてもこってりしたメニューを頼みがちな外食ですが、

お口直しにさっぱり酢のものがあると食もすすみます。

そして、最近お気に入りの一押しメニューはこれ。

Shirunashi

汁無し坦々麺!

紅音(アカネ)には白坦々麺、黒坦々麺、赤坦々麺と3種類の坦々麺があり、

どれも甲乙付けがたく、いつも迷うのですが、最近はもっぱら汁無し坦々麺。

濃厚なゴマのタレが固めに茹でた麺によく絡み、口に入れた途端、ゴマの香りが

口いっぱいに広がります。

7月から使用されている、日本で話題の「食べるラー油」の複雑な風味が

ゴマダレの濃厚さとマッチして、癖になります。

確か、ランチでは食べられないので、是非ランチでも食べられるようにして欲しいな~。

我が家の貴重なセカンドダイニング・・・

「木葉」のように突然閉店なんて事がありませんように・・・!

豚肉の食べられる中華料理店(ジェイド・インペリアル)

とてもとてもおおらかとは言え、やっぱりイスラム教徒が大半を占める

インドネシアでは、豚肉のメニューは限られた場所では食べられません。

特に、沢山のインドネシア人が集まるモールの中にあるレストランは

”NO PORK”のお店がとても多いのです。

そんな中で珍しく、豚肉メニューのある中華料理屋を発見しました。

プラザインドネシア内に新しく出来た「ジェイド・インペリアル」。

コタ(中華街)に行かなくても豚肉のショウロンポウが食べられる!と

最近の私のお気に入りです。

その中でも特にトンポーローはメチャウマ!

Butanokakuni

昔から豚の角煮が大好きで、日本でもメニューにあれば90%の確率で

注文するほどでした。

もちろん、中華料理店なので味付けは中華風で若干スパイシーですが、

濃い目の甘いタレが豚の脂とプルプルの皮にマッチして美味しい~。

コラーゲン補給もバッチリです。

白いご飯に合わせてもいいですが、豚肉と山芋のチャーハン(塩味)と

合わせてもとても美味しかった♪

最近は、鶏肉のあっさりショウロンポウにもすっかり慣れてしまいましたが、

やっぱり、日本人は豚肉のショウロンポウ好きだと思います。

書いていたらまた禁断症状が・・・!!!

ジャカルタ新聞にDIM SUM(点心)が半額クーポンがついていたから

また近いうちに行こ~~っと!!

インドネシアの果物 - ジュルックマナラギ

ご無沙汰してます!

久々の更新です。ネット環境がまた良くなくてしばらく中断してました・・・。

さてさて。インドネシアには沢山のトロピカルフルーツがあります。

お馴染み、マンゴー、パイナップル、パパイヤ、マンゴスチン、ドリアン

バナナ・・・などなど。

常夏の国なので、「旬」はないような錯覚をしていましたが、

実は、これらのフルーツ、「旬」があるのです。

マンゴーも一年中食べられるわけではなく、乾期に入った今ぐらいの季節から

始まり、雨季の始まり頃に見かけなくなります。

で、今旬なのが(もうそろそろ終わりかな・・・)

このジュルック・マナラギ。

Dsc02792

グレープフルーツより2回りくらい大きなもので、日本のザボンの様な見た目。

こちらでジュルック(かんきつ類)でよく見かけるのは

「ジュルックバリ」(グレープフルーツの倍くらいの大きさのものもあります!)

ですが、スカスカしていて、味もあまりなく私はあまり好きではありません。

でも、このジュルックマナラギは、みずみずしく、甘みと酸味のバランスが絶妙!

グレープフルーツも好きですが、こちらの方が日本人には食べやすいかも!

皮が分厚いので剥くのに一苦労ですが、ひと房ひと房薄皮も奇麗にとって

冷蔵庫に保存。何日かかけて楽しめます。

Dsc02794

幸い(?)うちは夫がかんきつ類が好きではないので私が独り占め。

苦労して剥いたものを大事に大事に食べられるので本当にうれしい♪

値段はだいたいRp.10,000前後。(出始めはもう少し高い)

普通のスーパーとかでは手に入らず、パサール(市場)で調達します。

5月に入ったあたりからちらほら姿を見ることができます。

でも、だいたい1カ月程で姿を消します。季節が短いのです。

今回食べたこれが今年は食べ収めかな。

また、来年ジュルックバリの季節がめぐってくるのが楽しみです。

(あ、でも季節感がないから忘れないようにしなくちゃ・・・。)

MAQUI'S チーズケーキ

完全な食べブログですね。

食べ物の話題ばかりですみません 

最近、グランドインドネシア(モール)、プラザインドネシア(モール)、

プラザスナヤン(モール)でよく見かけるピンクの看板。

なんと、チーズケーキがメインのお菓子専門店でした。

モロゾフのフランチャイズ店が元の日本人が経営しているショップだそうです。

モロゾフのチーズケーキ、値段も手ごろだし美味しいから、日本でよく買って

食べてました。特にエダムチーズのケーキが好きだったな~。

・・・という事で早速買いに走りました。

Dsc02478

ついうっかりというか待ち切れず、箱から出した時には写真の事など忘れて

食べてしまいましたが・・・。

左上の白いのがレアチーズ。緑色はグリーンティー、中央がチョコレート。

左下がエダムチーズ、右下がベイクドクリームチーズ。

お値段は1個 Rp,8,000です。(約80円)

個人的には、一番オーソドックスなベイクドが美味しかったな。

エダムはちょっとクセがあり、昔は好きだったけど、今は・・・・。

グリーンティーはチーズの酸味と緑茶のさわやかさが結構合いました。

さっぱりしたお味。

チョコレートはコクのある味。少しビターな味わいがいくつでも食べられそうです♪

残念ながら、レアチーズは夫のお腹に入ってしまって食べられず。。。

主要なモールに入っていて立地条件はばっちり。

値段も手ごろだし、お土産などに使えそう。

プラザインドネシアではイートインも出来るみたいなので

また行こうっと!

マンダリンオリエンタル 新華(XIN HWA)

Dsc02513

私のジャカルタ人生、物心?ついた時にはホテルマンダリンオリエンタルは

改修工事で一時閉鎖されていました。

それが一時的なのか、もしくは撤退なのか詳しい情報もないまま、時は過ぎ…。

気が付いたらまた、人知れず(というかIstriが知らなかっただけ)

再オープンをしていました。

早速行ったお友達が、「中華わりと美味しかったよ」と言っていたので

中華料理大好きIstri家もいそいそと出かけました!

Dsc02418

Dsc02421

以前の内装を知らないのですが、新しいのでなんとなくモダンなインテリア。

でも、インテリアは素敵だけど・・・味はね・・・というお店の多いジャカルタ。

今回もそのパターンか?と一瞬厭な予感がよぎりましたが、

それは見事に裏切られました!

Dsc02424

まずはツキダシ。カボチャがどうのこうの・・・と説明をしていましたが、

触感は大根?ぽかったけど・・・でもオレンジの果汁に漬け込んであり、

甘酸っぱくて美味しい~。

脂っこいお料理の合間に食べると、さっぱりとしていい感じ。

Dsc02426

続いては前菜の蒸し鶏のピリ辛ソース。

鳥がジューシーなのも良かったですが、このソースが甘辛でかなり美味しい。

ご飯が欲しくなる味付けです。

Dsc02428

お次は大好きな酸ラー湯。具だくさんのスープです。

程よく辛く、程よく酸味が効いていて、ジャカルタの酸ラー湯の中では

かなり上位に入る味付け。(Istriランキング)

北京ダックも頼みましたが、ついつい食べるのに夢中で写真を忘れてしまいました。

Dsc02429

これは、北京ダックのお肉の部分をミンチにして筍やら玉ねぎやらと炒めて

レタスで巻いて食すもの。

ジャカルタの中華料理屋さんでは北京ダックを頼むと必ずお肉の部分を

調理してくれます。

Istri家ではほぼ100%この調理法(名前が分からない・・・)で頼みます。

どこのお店もだいたい同じ味付けですが、新華のは今までで2番目くらいに

美味しかった!

合格です。

Dsc02430

シメはエビチャーハン。

気が付いたら、お醤油系の味付けのものばかりだったので、あっさりとした

塩味が食べたい~と夫のリクエストにより今回はこれを選びました。

普段、塩味のチャーハンは物足りなくて私はあんまり頼みませんが、

ここのチャーハンはあっさり味ではあるものの、しっかりとエビの味がして

こってり好きのIstriも大満足。もくもくと炭水化物を消費しました。

さて、最後はやっぱり別バラデザート♪

夫はいつも大好きな亀ゼリー。私は定番マンゴープリン。

Dsc02431

マンゴープリンは、かなりこってり濃厚~で私的には合格。

デザートも手を抜いてないな、と感じました。・・・が。

Dsc02432

亀ゼリーは夫に言わせると味が薄い!と。

夫はもっと漢方薬臭い方が好きらしく、今回頼んだ亀ゼリーは夫ランキングの

圏外にランクインされた模様。

私は、漢方薬臭いのも好きだけど、このあっさりした感じもこってり料理の後には

いいけどな~と思いますが。好みの分かれるところでしょうか。

総じて大満足の新しいレストラン「新華」。

お会計は、ジャカルタの中華レストランにしてはやや高め。

ホテルの中華にしてはリーズナブル・・・といったところ。

オープンしたてて、香港とかシンガポールからシェフが来ている間は美味しいというのは

ジャカルタのレストランではよくあること。

願わくば、新華はそのパターンではなくてずっと美味しいレストランで

あり続けて欲しいものです。

ANOMALI CAFE

ジャカルタに来る前は、

「きっとゆっくり出来るCAFEなんてないんだろうな~」

と思っていました。

ところが、意外や意外。スタバからコーヒー専門店まで

結構な数のCAFE系のお店がいたる所で目につきます。

その中の一つ。ANOMALI CAFE。

クオリティの高さは馬鹿にできません。

Dsc02102

注文したラテもこんなかわいい感じで出てきます。

バリスタがいるのかな?

食事のメニューも、サンドウィッチや、チップス、パスタや

チキンのグリル、パンケーキなど充実してます。

この日は、甘い物が食べたい気分だったので

クリームチーズダークチェリーパンケーキを注文。

Dsc02104

パンケーキは普通でした 

でも、以前に食べたクラブハウスサンドは美味しかったです。

このお店ではコーヒー豆も購入することができます。

豆はすべてインドネシア産。

トラジャやバリコーヒーなど有名なものから、

パプアや幻のルワックコーヒーまで!!

ルワック以外は150gから購入できます。

お値段もだいたいRp.27,000~Rp.35,000くらいとお手頃。

Dsc02105

お店の人に色々聞いて、クセの少ないトラジャを購入。

豆のままでも購入できますが、もちろんその場で挽いてもくれます。

このお店では外国産の豆は一切置いてありません。

それは、インドネシアのコーヒーの良さを広めていく為。

また、コーヒー豆を150g以上買うと、

ブラックコーヒーが1杯無料、 もしくは

飲んでいるコーヒー(ラテやカプチーノなども含む)が10%OFF

になるというサービスも実施しています。

より良い品質の物を作り、伝統を守る為にもインドネシア産の

コーヒー豆の良さを広めようとしている為の販売促進サービス。

その心意気がなんだかいいな、と思いました。

自分もその活動に参加している気分になるし。

お味だけでなく、内装の雰囲気もなかなかです。

Dsc02106

そのせいか、一人でのんびり本を読んでいるお客さんや、

お友達とグループで来ているお客さんでいつもいっぱい。

インドネシア人だけでなく、外国人も結構来ています。

禁煙席が少ないのが非常に残念ですが、

美味しいコーヒーを安く楽しめる、

これからも頑張って欲しい、お店です。

The Ritz-CARLTON Jakarta Pacific Place

前々から気になっていた、The Ritz-CARLTON Jakartaです。

ここのサービスアパートは、ジャカルタとは思えないくらい

素敵で豪華。もちろん、お値段も目が飛び出るくらいの設定です。

(家具付、サービス付きでUSD8,000/月 くらいなはず。)

それくらい豪華なホテル+サービスアパートメントですが、

テロ対策の為か、ホテルのロビーも入口も外からは見えない構造。

いったい中はどうなっているのか?レストランはどうなのか?

気軽に入っても大丈夫なのか???

ついに探索を兼ねてサンデーブランチならぬ、

サタデ―ブランチに行ってきました。(そんなメニューはありません。)

レストランは6階にありました。

Imgp0186

座った席のからの眺め。スナヤンの方向を向いていました。

普段は車からしか見ていなかったので、上から見ると

こんなに奇麗に整備されてたんだ~とびっくり!

中はさすが、リッツ。でも何故かテレビが・・・。

個人的には雰囲気が壊れるような気がするのですが。

Imgp0173

お料理はアラカルトかブッフェが選べます。

私は折角なのでブッフェを選択。

Imgp0176_2

インドネシア料理、イタリアン、お寿司、中華などなど。

幅広い選択肢。

Imgp0175

まずは前菜+サラダをチョイス。

手前の赤いのはドライトマトのオリーブオイル漬け。

こちらでは滅多に食べられないので嬉しかったです

奥のお豆のカレーも、豆好きにはたまらない一品でした。

Imgp0180

一緒に行った夫はモリっとハンバーガーを注文。

もちろん、アラカルトメニューです。ブッフェではありません。

Imgp0181

メインはホウレンソウのラビオリのグラタン、

中華風チキン、テンペの醤油煮込み。再び豆カレー。

Imgp0182

北京ダックもおしゃれに盛り付けられてました。

Imgp0183

シメはワンタン麺。ちょっと味が薄かったです。残念。

Imgp0184

デザートも種類は豊富

洋風からインドネシアのトラディショナルなお菓子まで。

彩りも綺麗に盛り付けられてて迷ってしまいました。

ピスタチオパンナコッタ、ピーチパイ、

パッションフルーツソースパンナコッタ、

ホワイトチョコレートのケーキを食べてみました。

パンナコッタ、もう少し冷たかったら良かったのに、残念。

Imgp0185

イチゴのバルサミコ漬けは、さっぱりする味でした。

土曜日のお昼時なのに、他のお客さんが全然いなくて、

このお料理あまったらどうなるのかしら・・・と勝手に

ハラハラしてしまうくらい。

サンデーブランチは予約しなくてはダメなくらい

繁盛しているのだそうですが・・・。

(値段が倍くらいするから内容も違うのかしら?)

静かに過ごしたい時はこのブッフェ良いと思います。

お味とサービスは良かったのですが、

メニュー数と温度管理(温かいものが温かったり、

冷たいものも温かったり・・・・)がイマイチだったので

一流ホテルのブッフェですが★★☆(星2つ)ということで。

でも、今度は噂のサンデーブランチにも挑戦してみたいです!

FJ ROTISSERIE

よく行くモールの一つ、ダルマワンサスクエアー。

とても小ぢんまりしたモールですが、面白いお店が揃ってます。

その中でも「ランチマーケット」というスーパーマーケット。

日本で言えば、「紀伊国屋」みたいに輸入食材やオーガニック食材の

品ぞろえが豊富で、面白い食材を探す時は必ず覗きます。

先日、その横に「FJ ROTISSERIE」という

CAFEがある事に気が付きました。

前からあったかもしれませんが、全く気にもしてませんでした。

前からCAFEだったっけ?? くらいの感じで、

お店の看板を見ると、見なれた鶏マーク。名前もFJついてるし、

「もしかして、クマンのFJ BISTROの姉妹店???」

たまたまダルマワンサスクエアーに用事があったので、

TRYしてみる事に 

Dsc02092

店内は白を基調にグリーンのソファや椅子を使って爽やかイメージ。

壁には昔のハリウッドスターの写真がたくさん飾られてます。

入口付近は暗いですが、奥は窓に面していてとても明るい!

メニューはFJ BISTROより少し少ない感じですが、

ここでも「MARCO POLO」で有名なMARIAGEの紅茶を

飲むことができます。

Dsc02091

今日は体が冷えていたので、ジンジャーティーをチョイス。

ジンジャーの味がしっかりしていて美味しかったです。

ご飯はクラブハウスサンドウィッチを頼みました。

Dsc02090

結構なボリュームでした 

ちょっとクドイ感じもしましたが、さすがFJ、美味しかったです。

付け合わせのポテトもほくほくと揚げたてで美味しかった~。

クマンまで行くのは面倒だけど、ちょっとコジャレたものを食べたい、

そんな時に重宝しそうなお店です。

残念なのはお店が狭いのと、入口がファーストフード店のような感じ

がするところ・・・。本店はとっても雰囲気良いのに、なぜ??!!

もっと雰囲気が良ければ★★★(星3つ)ですが。。。

残念ながら★★☆(星2つ)!かな~。

Vietopia

昔からエスニック料理好きでした。

インドネシア料理も良く食べに行きます。

でも、時々スパイスが体にキツイと感じる事があります。

その点、ベトナム料理はスパイスがキツすぎず、疲れた胃に優しい

エスニック料理です。

ジャカルタで数少ないベトナム料理レストラン。

その貴重なお店は「Vietpia」です。

本店はジャカルタの北の方、チキニにあり雰囲気も素敵なのですが、

Jl. Senopatiの方が近いのでこちらに良く行きます。

Imgp0155_3   

キャンドルホルダーもベトナム風。

Imgp0156_2

いつもは生春巻きですが、今回は蒸し春巻き(Banh Cuon)をオーダー。

鶏肉ときくらげを炒めた具ともちもちした皮が相性抜群です。

Imgp0158_2

サラダはいつも青いパパイアのサラダ。

甘酸っぱい辛いドレッシングが美味しいです。

飲み物はレモングラスティー。

ここのレモングラスティーが今のところジャカルタで

一番おいしいと思うのです。(甘酸っぱいのが好きなので。)

Imgp0159_2

メインは汁なし米麺。

焼肉のタレ味の牛肉と沢山の野菜をベトナムの甘辛いタレでいただきます。

ベトナムで食べた時は豚肉でしたが、やっぱりここでは牛肉ですね・・・。

他にも、フォー(牛肉・鶏肉・シーフード)、ベトナム風サンドウィッチ、

ベトナム風チャーハンなどなど。

どれもなかなかのお味です。

Vietpia、★★☆(星2つ)時々無性に食べたくなるお味です。