国外旅行

旅を終えて

実に20年ぶりにオーストラリアに行ってみて思ったのは、

食べ物がとても美味しいという事。

20年前は食べざかりだったので美味しかろうがまずかろうが関係なかったですが、

今は量より質。

正直、アメリカなどと同じような大味で「お腹を満たす為の食事」みたいなのを

想像していましたが、野菜やフルーツがそれだけでとても美味しかったのは意外でした。

Imgp0249

スーパーなどでは様々な種類の新鮮な野菜や果物が手軽に買えます。

ジャカルタなどで手に入る二毛作、三毛作で作った味のない野菜とは大違い。

甘くて野菜の味がしっかりします。

海が近いからでしょう。美味しくて新鮮なシーフードも気軽に食べる事ができます。

Imgp0411

ぷりぷりのホタテやパース名物の甘くておいしい伊勢海老。

Imgp0413

昔は子供だったので味わえなかった地ビールや美味しいワイン。

Imgp0461

ジャカルタでは怖くて食べられない牡蠣。とここでもやっぱりチップス。

Imgp0464

やっぱり怖くて食べられないムール貝も堪能♪

Imgp0468

珍しいところでは、カンガルーのお肉も挑戦してみました!

Imgp0465

意外と臭みがなくて牛肉に近い食感。カンガルーには申し訳ないけど、美味しかった・・・。

そして何より、素晴らしい自然を堪能できたことも良かったです。

大きな公園ではヤンバルクイナ(のような鳥。名前はわかりませんでした。)

を間近で見たり。

Imgp0266

黒鳥も悠々と泳いでいました。

Imgp0267_2

そして、美しい青い空。

Imgp0423

オゾン層が薄いから空が抜けるような青さなのかもしれません。

皮膚癌死亡率が高いオーストラリアですから、紫外線の強さも相当です。

でも、それだからこそ、オーストラリアの人々は自然の大切さに気付き、

保護をしてゆこうとしているのでしょう。

入国の際の検疫では持ち込み不可の品目がたくさんありました。

土のついたシューズの持ち込みも禁止です。

(オーストラリアで棲息する固有種の保護のためだそうです。)

人々の意識の高さ、努力によって自然が守られていて、観光客も住んでいる人も

楽しめるなんて素晴らしい事だと思いました。

同じように豊かな自然があるインドネシア。

公害や自然破壊、絶滅危機にある固有種など。問題は沢山ありますが、

縁があって住む事になったのですから少しでもインドネシアの素晴らしい自然を

保護する為に個人レベルで何かできないかな~と旅行を終えて考える様になりました。

とりあえずは「エコバッグ」を使い始めてみましたが・・・いつかもっと直接的に

役立てるようにもっと語学を頑張ろう~とほんの少しだけ決心。

(でも、全然勉強は進まず・・・日々誘惑に負けてる自分。)

今回の旅行はちょっと真面目に色々考えさせられた旅行でもありました。

トライアスロン?!@パース

  パース3日目は、ロットネストアイランドへショートトリップ。

パラオに行って以来、海で泳ぐのが平気になった私は、

今回も綺麗と噂のロットネストアイランドでのシュノーケリングを楽しみにしてました。

まずは、車でフリーマントルの港まで。

朝ごはんを港のフードコート(もどき)で調達です。

Imgp0338

スーパーボールのガチャガチャが笑顔でお出迎え

Imgp0339

どれにしようか迷っちゃう~

朝から高カロリーです。

港からはフェリーに乗って移動します。所要時間は40分程。

沢山の人と自転車を乗せてロットネストアイランドに到着しました。

Imgp0341

島内の移動手段は、バスと電車(カバー範囲が短いですが)と自転車。

手軽で肌で自然を感じる事が出来る自転車は一番人気の移動手段です。

フェリーでも借りることができますが、私達は島内の貸自転車屋さんへ。

そこで、普通の自転車から、2人乗り、子供との2人乗り、3輪車、チャイルドキャリーなど

用途や年齢に合わせて自由に選ぶ事ができます。

自転車を借りて、ヘルメットをかぶったらいざ、出発!

とりあえずは、4km先のジーニーズ見晴台へ向かう事に。

すれ違うオージー達と挨拶を交わし、(皆さんとてもフレンドリー)初めは余裕でしたが。

・・・普段ジャカルタで歩かない生活をしている私にとってアップダウンの激しい

サイクリングはまさにトライアスロンに匹敵すると言っても良いでしょう。

たった4kmなのにきつ~~い!!!

それでもこの時はまだまだ余裕でジーニーズへ到着しました。

Imgp0352_4

Quokka(クォッカ)というワラビーの仲間は島のいたるところに生息しています。

ジーニーズでは本当に間近で見ることが出来ました。

大きさは猫くらい。後ろ脚でちょこんと立っていて愛嬌があります。

人に慣れているのか、近くまで寄っても逃げたりしません。

少し休憩をした後、再び出発。

たった4km走っただけで、なんだかイケるような気がして調子に乗って島の最西端、

West Endまで行ってみる事に!

走り続ける事、1時間。途中で休憩をしたり、決断に後悔したりしながらも

なんとか到着し、素晴らしく綺麗な風景を堪能しました。

Imgp0373

しかし。ここまで来てしまったという事は、戻らなければならないという事。

約8km先まで売店もレストランもありません。

残り少ない水を気遣いながら、黙々と漕ぎ続けます。

足の付け根がサドルに当たって、痛くなるし、日差しが強くてジリジリと焼けるし、

お腹が空いて力が出ない・・・と限界が見えてきた頃ようやく売店兼CAFEに到着。

サラダやカラマリ&チップス(また・・・)、サンドウィッチ、ケーキ(糖分補給)を

モリモリと食べました。

エネルギーを補給したところで、少し先のLongreach Bayへ。

いよいよシュノーケリングです。

Imgp0376

白い砂のビーチは、人も少なくて静か。マスクとシュノーケルを付けて海へ。

しかし。

水温が尋常じゃないくらい冷たい

気温が結構あるので忘れていましたが、パースは今秋口。冷たいはずです。

オーストラリア人は平気で泳いでいましたが、5分と泳いでいられませんでした。

そして、残念な事に魚もほどんといませんでした・・・。

後で調べたらどうやらシュノーケリングポイントではなかったらしいです。

残念!

1時間くらいLongreachでのんびりした後は、帰りのフェリーに乗る為に出発地点へ

漕ぎ出しました。

なんと、今回の走行距離ざっと25km!!!結構なアップダウンで膝ががくがくだし、

サドルの当たっていた足の付け根が普通に座っても痛いくらい。

でも、普段こんなに運動する事がないので達成感でいっぱい

美しいインド洋の夕焼けを見ながら、筋肉痛が3日遅れで来ない事を祈るのでした。

Imgp0400

スポーツ三昧@パース

パース2日目は、The Vines というゴルフ場で念願のゴルフ

カンガルーがコース内に沢山住み着いていて、間近で見られる、

と聞いていたので楽しみにしていました。

Imgp0286

各ホール、カンガルーがのんびり草を食べています。

そして当然のようにどこにでも糞が落ちています・・・。

ラフにボールが入ろうものなら、糞だらけ。

糞も一緒に叩いちゃうな~と思った場合のみ、

ボールを勝手に移動するというマイ・ルールを作りました

広くて大きなゴルフ場でしたが、女性には優しくない!!!

赤から打っても、白から打っても距離がそれほど変わらない=

飛ばない私には辛い!という武者修行ゴルフ場でした。

Imgp0274

カートで朝ごはんのサンドウィッチを食べていると、

なんだかおしゃれな鳥が催促をしに寄って来ました。

なんと、カラスの仲間だそうで、鳴き声はカラスそのもの。

人に対して警戒しない、餌をgetできるまで離れない図々しさも

カラスそのもの・・・。

Imgp0494

たっぷり運動した後は(カートだったからほとんど歩いてませんが・・・)

やっぱり美味しいランチ♪

ハンバーガー+ここでもチップス。

Imgp0294

こちらはウェッジ(と言うのだそうです)。

サワークリーム(=カロリー倍!!!)で頂きます。

太ると解っても止まらなかった・・・。

やっぱりサワークリーム+ジャガイモは相性抜群ですね。

青い空の下で食べる食事はなんでも美味しかったです。

******************

少し休んで、夕方からはラグビー観戦へ近くの競技場へ。

オーストラリアでは日本の野球やサッカーと同じように

ラグビー観戦が人気だそうです。

この日の試合は地元パースのチーム、ウェスタンフォース対

ニュージーランドのチーム、ハリケーンズ。

競技場はウェスタンフォースのユニフォームを着た人であふれてます。

Imgp0312

ラグビーのルールは良く知らないので、友達に解説してもらいながら

ウェスタンフォースを応援しました!

地元チームがトライを決めると、必ず花火が上がります。

Imgp0490

この日は連休だった事と、試合開始時間が比較的早かったことで、

観客動員数2万人!そんなに人が住んでたんだ・・・パース・・・というくらい

老若男女、皆真剣にラグビーを楽しんでいました。

残念ながら後半の最後の最後で逆転負けをしてしまいましたが、

山あり、谷ありのとても面白いゲームでした。

試合終了後、静かな住宅街を歩いていると大きな満月が。

普段、ビルに囲まれていて月なんて見られないので、なんだか得した気分。

空気が綺麗だからか、月の表面までくっきり見えるような気がしました。

自然を感じる事が出来るってなんて素晴らしいんだと改めて感動した夜でした。

ワイナリー巡り@パース

ちょうど2週間前。

インドネシアは国民議会総選挙で盛り上がっていました。

選挙の投票日は会社も学校もお休み。

イースターのお休みと重なって、なんと4連休に!

選挙とは関係ない我が家も、せっかくの4連休を利用しない手はない!と

ジャカルタから4時間半のオーストラリア、パースへ行きました。

選挙だし、そんなに混んでないかも~という目論見は外れ、

空港には私たちのような在イ外国人や選挙を放棄してインドネシア人が

わさわさと・・・ 

パースには早朝に到着したので、午前中はゆっくり休んで午後から

行動を開始!

まずは、友達の案内でパース近郊のスワンバレーへワイナリー巡り。

最初に訪れたのは、ガイドブックにも載っている

サンダルフォードカバシャムエステートへ。

Imgp0202

広大な敷地では、野外コンサートなどのイベントも開かれるそうです。

レストラン兼売店の入口はブドウの蔓が絡まっていて、

いかにもワイナリーって感じ 

Imgp0207

売店のカウンターで試飲する事ができます。(有料。2ドルくらい)

Imgp0208

このワイナリーで一番安いワインでしたが、爽やかなブドウの香りで

すっきり飲みやすく美味しかった~。

キンキンに冷えた白が胃の腑に滲みました。

何種類か試飲をした後、隣にあるレストランへ。

Imgp0210

外の席ですが、ブドウの蔓のお陰で暑さをしのぐ事ができました。

Imgp0214

先ほど試飲しなかった別のワインを選びました。

こちらもコクがあって香りが豊かなワインでした。美味しい~。

Imgp0216

とっても量が多いから前菜だけで十分という友達のアドバイスに従って、

前菜(の項目)からそれぞれチョイスしました。

上は夫が頼んだ海老のグリル(これでも前菜)。

下は私が頼んだサーモンのパスタ(これでも前菜)。

Imgp0219

オーストラリアと言えば忘れてはならないチップス。

ガーリック味のマヨネーズを付けていただきました。

(カロリーが倍に・・・・)

Imgp0218

もちろん、お野菜も忘れずに・・・。

Imgp0217_2

お腹もいっぱいになったところで、次のワイナリー、

LAMONT'Sへ。

Imgp0227

ここは、友達お勧めのワイナリーです。

陽気なご主人が色々楽しく説明をしてくれながら、

次々とワインを出してくれます。

Imgp0233

赤、白、ロゼ・・・お酒の弱い私は途中でリタイアしましたが、

どれもとても美味しかったです。

特に、サービスでつけてくれたオリーブが美味しかったので、

オリーブを購入しました。

Imgp0483

続いては、デザートワインが美味しいというワイナリーへ。

Imgp0244

まるでブランデーのようなこくのあるデザートワインでした。

ちょうど、刈り入れの時期が過ぎてしまったので、どこでもブドウが

生っているのが見られなかったのですが、ここで発見。

Imgp0245

スワンバレーのワイナリーは試飲が無料もしくは2ドルくらいで出来るので、

リーズナブルにワインを楽しめます。

お値段ももちろん、ピンキリですが15ドル~40ドルくらいの価格帯と

結構リーズナブルです。

(ジャカルタはお酒の輸入税が高くてワインは超・高級品なので)

あまりお酒が飲めなくて、知識もない私でも気候のせいか、

綺麗な空気のせいか、ワインを存分に楽しむことが出来ました。

また、行きたいな~と思うくらい!

それまでに少しワインの事勉強しようかな~。

Imgp0220_2

(どこまでも続くブドウ畑。長閑な景色に癒されました。)