日記・コラム・つぶやき

私に足りないもの

食べ物の好き嫌いはあまりない方でしたが、

どうしても食べられない物の一つが納豆でした。

あの臭いと、ネバネバした食感が苦手で、納豆を食べた後の

食器を洗うのも嫌なくらい嫌いでした。

ところが、ジャカルタに来てから嫌いだった納豆を

食べた~~い!!!と思うことが時々あって、

挑戦してみたら意外と美味しい事に気付き、毎日のように摂取する事に。

始めは、値段が安いのでこちらで作られている納豆を買っていたのですが

あまり美味しくないので金曜日のエアカーゴの日を心待ちにして

日本製のを買っています。

最近のお気に入りはこれ。梅酢味。

Dsc02193_2

さっぱりとして美味しい!

日本では100円前後だと思いますが、ジャカルタで購入すると

なんと400円程。そう、こちらでは納豆は贅沢品。

でも、しょうがない。体が欲してますから 

納豆を食べられると聞いて、両親がお土産に持ってきてくれたのが

ドライ納豆と納豆ふりかけ。

Dsc02195

エアカーゴを買い忘れた時などに重宝してます。

ドライ納豆はそのまま食べても美味しいですが、お味噌汁などに入れても

手軽に納豆汁が楽しめて美味しい♪

いままで嫌いだったものがこちらに来て急に欲するようになったなんて

何が原因かしら・・・と自分なりに分析した結果。

多分、日々の食生活で今まで日本では摂取できてたものが急にできなくなった、

あるいは、環境の変化でバランスが崩れて急に不足になったものがあるのでは、

と考えました。

じゃあ、足りないものって何?

大豆イソフラボン(女性ホルモン)かしら・・・?

ジャカルタ生活を楽しんではいますが、そうは言っても海外暮らしは

ストレスがたまるもの。

ホルモンのバランスが崩れてしまうのはしょうがない事です。

無意識のうちに、バランスを取ろうと体が調整しようとして急にムショウに

納豆を欲したのかもしれません。

体の声を聞いて今欲しているものを摂取するようにするのが健康の秘訣と

前に何かで読みました。

まだ当分、体は欲しているみたいなのでもりもり食べるつもりです。

テロ

7月17日、7:45にJW MARRIOT HOTEL JAKARTAで、

7:47、RIZ-CARTON JAKARTAで爆発がありました。

その日は、両親が日本から遊びに来ていて、ちょうど朝ごはんの後外出の準備を

していた時でした。

友達から1本の電話が入り、リッツカールトンで爆発があった事を知りました。

あわてて、テレビをローカル局に変えて、情報を収集しましたが、

その時はまだ詳しい情報は入ってきていませんでした。

その後、自爆テロである事が判明し、事件の起きたクニンガン地区へは

近づかないよう日本大使館からの注意喚起がありました。

また、20日に予定されていたマンチェスターユナイテッドとインドネシアの

サッカーリーグとの試合は中止されました。

(マンUの選手はリッツカールトンに宿泊予定だったそうです。)

Imgp0663

翌日のほとんどすべての新聞のトップ記事は当然、テロの話題。

各局テレビ局もテロの話題一色でしたが、事件から4日目の今日は

少し落ち着いたようです。

事件当日、17日は誤報が飛び交ったり、テロを恐れた中国系インドネシア人が

経営するお店はすぐ逃げられるよう、品物を全て金庫にしまって開店休業状態

だったり・・・と少々の混乱がありましたが、連休明けの今日は街も通常通り

何事もなかったように動いています。

映像解析などで、マリオットの方の実行犯の容疑者はだいたい目星がついた

ようですが、リッツの方はまだ容疑者はあがっていません。

事件当時のセキュリティカメラの映像や、容疑者と思われる死体の写真

(インドネシアでは死体の写真は映像倫理にひっかからないので堂々と

使われています。)

などを見ると、とても怖い事件だと思います。

一方で、山手線くらいの大きさの都市で決して自宅から遠くはない地域で起きた

テロですが、音も聞いてないし、現場も見てないので人事のような気がしたりもします。

でもやっぱり今日はなんとなくショッピングモールを避けて行動していました。

まだ、原因がわかっていないので何が危険か分からない状態が続くのは疲れます。

原因究明が早急に行われて、安全な街に一刻も早く戻るよう祈るばかりです。

Imgp0883

(事件翌日のジャカルタ新聞の見出し)

** Kenangan manis **

訳あってブログを引っ越しました。

タイトルのKenangan manis(クナンガン マニス)はインドネシア語で

「甘美な思い出」という意味です。

美味しいもの(食い意地が張ってるな・・・)、素敵な事などを綴っていこう!

という意思の表れ。

どうぞ、お付き合いください。