« リコッタチーズ作り | トップページ | レバラン旅行② »

レバラン旅行①

1か月という長い断食期間がようやく終わり、いよいよレバランを迎えました。

レバランは日本で言う、お盆とお正月が一緒に来たようなお祭りです。

インドネシア人も楽しみにしてますが、便乗してお休みの取れる私たち外国人も

楽しみにしているのです!

Istri家の今年のレバランテーマは「インドネシアの奇麗な海を見る&コモドドラゴン」

ということで・・・。

いざ、出発!

コモドドラゴンを見るためには、ジャワ島より東にあるコモド島、もしくはリンチャ島に

いかなければなりません。

ただ、コモド島もリンチャ島も宿泊施設がないため、一般的にはお隣のフローレス島を

拠点に動きます。

フローレス島のホテルに泊まり、船で日帰り旅行か、もしくはフローレスから宿泊も

できる船で何泊かかけてコモド島、リンチャ島をめぐるか・・・ですが、船泊をする人は

ダイバーが圧倒的に多いみたいです。

ちなみに、今回Istri家はフローレス島に拠点を置き、船で日帰り旅行!を選択。

飛行機を一回乗り継いで、フローレス島という(私にとって)未踏の島へ!

Dsc02861

なんと、空港の名前が「コモド」でした!

フローレス島の西端に位置する、ラブアンバジョーというこの街は、3つの民族で構成

されているそうで、多くが農業と漁業に従事し、兼業で観光業を営んでいるような

小さな町です。

空港も本当に小さくて、なんと、これバゲッジクレーム・・・。ターンテーブルはありません。

Dsc02862

ここから荷物を入れ、

Dsc02864

中で受け取ります。

空港の外観もとてもこじんまり。

Dsc02971

とてものどかなところでした。

1時間遅れくらいで到着し、早速ツアーガイドさんがホテルに直行してくれました。

ホテルは空港から20分くらいの所にある、ビンタンフローレスホテルへ。

小さなホテルでしたが、海の見えるロビーはとても素敵でした。

Dsc02869

早速この子がお出迎えしてくれます。やっぱり、町のシンボルなんですね。

到着早々、水着に着替えて、船で30分程のビダダリ島(インドネシア語で天使の意味)へ

シュノーケリングへ。ランチは船でミニブッフェ!!なんてリゾートっぽいの~!

Dsc02872

と思ったら。船はこんな古い木造船・・・乗組員のおっちゃん達、さては住んでませんか?

この船に・・・というくらい生活臭溢れる船。

そして、ランチ。

なんて事はない、船のおっちゃん(というかお兄ちゃん?)が船で作っているという

ご飯でした・・・。

Dsc02878

でも、お兄ちゃんの腕はまあまあで意外と美味しかったです。

ところが・・・・!!!

ガイドさんの言うところのミニブッフェを楽しんでいるとき、ふときがついたら・・・

このテーブルに住んでる(いや、船全体に住んでる)GO・KI・BU・RI!!!までもが

ランチを楽しもうとわさわさと出てくるではありませんか!!!

いずれも小さな方々でしたが、GOKIBURI嫌いのIstriは絶叫~!!!

私のお皿にも、デザートのバナナにも群がる、群がる。

あんまり厭がったので翌日からは、GOKIBURI対策にテーブルクロス?が使われる

ようになりました。

まあ、そんなトラウマを生みつつも船はビダダリ島へ。

Dsc02883

お天気があんまり良くなくて、空が曇ってますが・・・白い砂浜、エメラルドグリーンの海!

ただ、人の住んでいる島から近い+海水温が高め・・・なので海の中は思っていたより

珊瑚は少なめでした。

Dsc02884

空が曇っているせいか、プランクトンが発生しているせいか、透明度はそこまで

高くなく・・・魚も少なかったです。残念!

遠くで雷が聞こえて、雨が降りそうだったので、早々にシュノーケリングを切り上げて

フローレス島に戻る事に。

フローレス島は、土砂降りでした。

今は、乾季。普通だったら、雨はほとんど降りません。

今年はやっぱり異常気象との事で、毎日午後から強い雨が降るそうです。

早く戻ってきたし、雨も降っているし、やる事ないし・・・ホテルでごろごろしながら

夕ご飯まで時間をつぶします。

夕ご飯はホテルに宿泊代に含まれているので、ホテルのレストランへ。

微妙に海が見えないオープンテラスのレストラン。

Imgp2986

外から見るとこんな感じですが、中から見ると、

Imgp2990

こんな感じ。

宿泊に夕飯をつけると、コースでしか選べません。(要するにアラカルトでは注文できなく

なっているのです。)

コースと言っても、スープ+メインのセットメニューが6コース。

でも、人がいないせいか、スープもメインもバラバラに選んで良いとの事でした。

そんなゆる~い感じも、フローレスだからかも?

初日はトマトクリームスープ

Imgp2993

Imgp2995

なぜか、急に食べたくてフィッシュ&チップス。

ちなみに、夫は

Imgp2994

鯛と野菜の洋風煮込み。

はっきり言って、期待はしていなかったのですが、意外や意外。

結構、美味しかったです。

特にトマトスープはトマトの酸味の中にスパイスの複雑な香りがちゃんと生きていて、

美味しい~happy02

お魚も新鮮だからか、身が締まっていてどちらの料理もおいしかったですし、

フィッシュ&チップスは、自家製(かどうかは・・・?)タルタルソースがIstri好みの味で

たっぷりつけて食べました。

さてさて。ご飯が終わっても20:00すぎ。

ジャカルタにいれば、まだ宵の口ですけど、ここフローレスでは

歩いていける所にはお店もなく、ちょっと一杯…的なバーもなく。

テレビもかろうじてNHKは入ってますが、とにかくやる事がなにもない。

明日は、コモドツアーだから朝も早いし・・・という事で。

22:00前には消灯でした。

なんて、健康的な生活!

さて、翌日はいよいよ、旅の山場の一つ。コモドツアー!

海が綺麗とも聞いてるし、わくわくしながら眠りについたのでした。

« リコッタチーズ作り | トップページ | レバラン旅行② »

国内旅行」カテゴリの記事

コメント

おかえりー!!

いやー、、、
船に住んでる疑惑までは笑って読んでたのが
Gさんのところで私まで絶叫しちゃったよー。
かゆいっ!
Gさんは置いておいて、のんびりしたところだね~。
レバラン中(今もだけど)ジャカルタもすごーく雨降ったよ。
やっぱり異常気象かな。

続編も楽しみにしてるよ~♪

なんだかステキなところだねー。海も超きれいだし、ホテルもいいかんじ。

G・・・あちらのみなさんはハエとかと同じ感覚なのかな!?

続きのオオトカゲの話を楽しみにしてまーす!

キレイな海~
コモドは私も行ってみたいので、次の更新楽しみにしてます(o^-^o)

--->yokoちゃん

そうだよ~。良くも悪くもとってものんびりしてる所だった・・。
今回はほんと、色々とインドネシアのディープな所を体験できて
良かったよ!Gさんも含めてね・・・。

--->くーとも

ホテルはね~。写真で見るといい感じなのですが、
値段の割にはどうも、う~ん。って感じ。
そうだな~、熱海とか三浦半島で寂れてしまったホテル的?
まあ、綺麗だし、お湯がでるし、良しとするか~って感じかな。。。

--->くまちゃんさん

コモド、賛否両論ですが、色々含めて一度は行ってみる価値ありでしたよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1193930/36763621

この記事へのトラックバック一覧です: レバラン旅行①:

« リコッタチーズ作り | トップページ | レバラン旅行② »