« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

バリ旅行記④ クロボカン編

楽しかった北バリを後にした私たちは、またまた5時間かけて南の方へ戻ってきました。

途中で普段しない観光や、ライステラスを見ながらのランチを楽しみ、

ゆっくり南下。

Imgp1302

有名なギギの滝。

公表できませんが、ガイドさんが名カメラマンで私たち夫婦の2ショットを

さまざまな角度から沢山とってくれました。

ちゃっかりガイド料は沢山取られましたが、2人旅での貴重な2ショットが取れたので

まあ、良しとしましょう

Imgp1318

どうしても見たかった、プラ・ウルン・ダヌ・ブラタン。

湖の上に立っているヒンドゥー寺院です。

きっと、雨季だったらもっと水位もあって「浮かんでる」感があったと思うのですが。

でも、いつもは遠くて行かないので見られた事が嬉しかったです。

☆                   ☆                 ☆

他にも色々と観光しながら、4時間近くかけて南のクロボカンエリアへ到着。

北とは違って日差しも強く、相当暑い!!!

(ジャカルタよりは涼しいけど。比較の問題です。)

泊ったのは、新しくオープンしたての「C151 VILLAS」。

3ベッドルームヴィラしか敷地内にはなく、一つ一つのヴィラがとても大きく

ゆったりしています。

プールが大好きな夫が、半分はプールの大きさで決めたビラ。。。

これが、そのプール。

Imgp1346

お部屋にはウェルカムドリンクとチョコレートが準備してありました。

リビングも広いし、大きなキッチンも完備してあります。

最大6人が泊れるように全体的に広めの作り。

Imgp1344

寝室は2つと、今回は閉鎖されていましたが、マッサージルームが

エクストラの寝室になるように出来ているみたいです。

Imgp1349

新しくて気持ちが良いヴィラでしたが、

新しいが為の不便も相当あり、(インドネシアらしいところ。)

まだまだ、課題は多そうです。

(エアコンが壊れてしまったり、敷地内でまだ工事をしていたり、セキュリティーゲートが

未完成だったり・・・・)

この日の夜は、ヌサドア地区に同じ時期に偶然!!!夏休みで遊びに来ていた

まちゃん一家と夕飯を食べに行きました。

アメリカ駐在経験のある、まちゃんだけに海外で手に入りにくい食材を

沢山お土産に持ってきてくれて、本当に感激しました。

まちゃん、煮干し美味しかったよ~!!!冷凍して大事に使ってます

Imgp1366

さて、翌日の夕飯は近所のルッチオーラへ。

夕日が見られるおしゃれなレストランとして有名なルッチオーラ。

今回は前回の教訓を生かして、夕日の見られる席をブッキングしましたが・・・

角度的に丁度見られない・・・。

Imgp1374

でも、お料理は堪能しました。

前菜プレート以降は暗すぎて写真が取れませんでした。

でも、お魚もお肉も前回と同様、何を頼んでもそれ程外れず美味しかったです。

Imgp1379

C151ヴィラでは、朝食はお部屋で頂きます。付属のレストランがないのです。

最近、バリで流行ってるプリフィクスタイプの朝食でしたが・・・。

見た目は最近流行の・・・という感じですが、お味の方はまあまあ。

良くも悪くも特徴がないのがとても残念。

やっぱり新しいヴィラはソフト面がまだ完備されてないのだと実感。

この日は1時間かけてウブドまでお買いもの&今回のメイン、イブ・オカの

バビ・グリン(豚の丸焼) ツアー。

Imgp1384

前回、ウブドに行った時には既に閉まっていて食べられなかったので

今回は是非、と到着早々お店に駆け込みます。

12:00くらいでしたが、お店は既に人がわんさか溢れていて人気の程が伺えます。

メニューはバビ・グリンのみ。

色々な部位のお肉とパリパリの皮が一皿に乗り、ご飯もついて約250円!

お肉はジューシーだしパリパリの皮は香ばしくて程良く脂がのっていて

今まで食べたバビ・グリンの中では間違いなく、NO.1!

思い出しても口の中にツバが溜まります。

Imgp1388

丁度、帰る時に1頭あがってきたところに遭遇できました。

この大きさの豚を1日、6頭さばくのだそうです。

すべて無くなったら閉店。大体、午後3時ごろには閉店だそう。

前回は夕飯時に訪れましたが、それでは遅すぎたのですね・・・

インドネシアの華僑から(彼らはわざわざイブ・オカにバビ・グリンを食べに週末

訪れたりするそうです・・・。お金持ち~。)

、白人・日本人・韓国人と客層も幅広く人気でした。

Imgp1407

夜はUnominが教えてくれた、クロボカンにある和食「DA HANA」へ。

南国風の趣のある一軒家を改造したレストランの中央にはプールがあります。

オープンテラスの席は、乾季の涼しい夜にぴったり。

Imgp1400

お料理に使われているお皿は、オーナーのご主人が作成しているもので、

お店の中には陶器の販売コーナーもありました。

Imgp1404

メニューは創作和食が中心です。

頼んだものはどれもとても美味しく、今まで食べた事のない味のものが多く、

家庭料理の参考にできないかしら~とじっくり味わいながら食べました。

ただし、あくまで参考ですが。。。

日本から旅する時は、決して旅先で和食を食べなかったIstri家ですが、

ジャカルタに住んでいるせいか、必ず一回は和食を食べてしまいます。

バリは、美味しい和食が少ないイメージでしたが、ここはかなり美味しい+

雰囲気がいいのでリピート確実でしょう!

良いお店を教えてくれて、ありがとう!Unomin!

☆                   ☆                  ☆

Imgp1424

南での旅行のメインはニルワナGCでのゴルフ。

アジアでも有数のリゾートゴルフ(だと勝手に認定)です。

美しいコース、美しい景色。

Imgp1417

特にタナロット寺院に向かってティーショットをするショートホールは

このゴルフ場の名物ホールです。

ただし、赤からでも相当距離があるうえに上り・・・。

とーーーーっても難しいホールです。(全体的にIstriには難しいですが。)

Imgp1426

ニルワナの良いところは、細やかなところまでリゾート感を演出しているところ。

灰皿もちゃんとニルワナマークで飾られていました。

☆                    ☆                   ☆

今回は、1週間という長い長いバリ旅。近くに住んでいるとなかなかそこまで長くは

滞在しないものですが(うちだけかもしれないですが。)、今回長逗留した事で

様々な体験をし、バリの良いところを再発見して大変満足のゆく旅になりました。

なので、最近立て続けに起きた物騒な事件はとても残念でなりません。

折角の素晴らしい観光地ですから治安強化、頑張って欲しいものです。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »