« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年9月

バリ旅行記① 西部国立公園編

まだインドネシアに来る前に愛読していたファッション誌「バイラ」。

その当時、世界のホテル紹介のページがありました。

ちょうど、私がインドネシアに行くことが決まる少し前に、そのページで

バリ島西部国立公園の中にある「ムンジャンガン・ジャングル&ビーチリゾート」

が紹介されていました。

広大なジャングルの中にあり、美しい珊瑚の海も楽しめるリゾートが紹介されていて、

いつか機会があれば是非行ってみたいと思っていました。

ところが、いざジャカルタに住むとバリは飛行機で1時間半で行ける事もあり、

長期滞在をする機会がなかなかありませんでした。

行きたいな、行きたいな、とは思いつつ空港から車で3時間もかかる西部国立公園に

2泊3日くらいではなかなか行こうということにはならず時は過ぎていきましたが、

今回色々あって夏休みをバリで過ごす事になったので、

思い切って今まで行ったことのない、バリの北側へ旅行する事に決めました。

★                ★                ★

行きの飛行機はガルーダ航空。なんと、運のいい事に新しい機材の飛行機にあたり、

国内線のエコノミーでも座席に画面がついていて、映画やゲームが楽しめました。

Imgp1046

バリ島、ングラライ空港についてからは車で移動。運転手さんの話では、

約3時間半かかるとの事。

見なれた街を抜けて北の方へ向かいます。

途中、Mendewaという町にお昼を食べる為に立ち寄りました。

ここはサーフィンのメッカらしく、白人サーファーが沢山いました。

サーフィンを楽しむ為だけの町らしく、周囲にお店も何もないですが、

海と綺麗な花とのんびりした空気が素敵な町でした。

Imgp1065

Imgp1056

Imgp1067

お昼を食べて少しだけのんびりしてから、西部国立公園、ムンジャンガンへ。

Mendewaを出発してから2時間くらいで国立公園の敷地に入りました。

今は乾季のインドネシア。初めて知ったのですが乾季にはジャングルの木々も

葉っぱを落とし、日本の冬山のような景色になります。

日差しは強いですが、風は涼しくさわやかです。

国立公園入口から車で10分ほどで今回宿泊したムンジャンガン・フォレスト・リゾート

に到着しました。

Imgp1071

入口ではヤモリ?らしきものがお出迎え。

Imgp1070

なんと、翌日現物とお部屋で遭遇しました。

派手な模様がキュートです。この子、大きさは5cmくらい。

Imgp1104

いつも見ているヤモリとは違うな~と思っていたのですが、

その夜、なんと20cmくらいある大人の彼を見てしまいました。

大きくて、びっくり・・・!!!ちょっと可愛いとは言えない感じ。。さすが、ジャングル。

さて、フォレスト・リゾートはすべて木造です。

外見の雰囲気は、山のロッジ。

Imgp1072

お部屋の入口も長野の山にでもありそうなロッジ風。

Imgp1076

お部屋は結構広くて、ベッド脇には地べたにペタンと座れるスペースが

あり、夜は寝っ転がってくつろげました。

Imgp1074

私たちの部屋と、隣の部屋だけなぜか「次の間」があり、

網戸に囲まれた半外で、風が通って気持ちが良いスペースでした。

ここで、のんびり本を読んでいたら、野生の鹿が結構すぐ近くまで近づいてきて、

葉っぱをむしゃむしゃと食べているのを見る事ができました。

Imgp1073

写真はありませんが、ロッジ風の宿泊施設なのでシャワー、トイレは期待していなかった

のですが、シャワーもきちんとブースになっていて、お湯も気持ち良く出ましたし、

トイレも清潔で綺麗だったので、とても快適でした。

★                 ★                 ★

食事は、ルームサービスも頼めますが、基本は「バリタワー」と呼ばれる

ムンジャンガンリゾートのシンボルタワーで食べます。

ロッジからは歩いて5分ほどの距離。ムーミンハウスのようなとんがり屋根を持つ

5階建ての建物です。

Imgp1082

広い敷地内はトラックを改造したバスで移動する事もできますが、

普段あまり歩く機会がない私たちはバリタワーまでは歩くようにしていました。

Imgp1137

歩いていると沢山の動物に出会えます。

森に住む鶏や、鹿。

Imgp1156

Imgp1158

そのほかにも、猿やカラフルな野鳥なども見る事ができました。

今は乾季で森が枯れているので、餌を探しにロッジの近くまで来るそうです。

雨季の森が茂っている時期には動物はほとんど見る事ができないのだとか。

  

夕食はバリタワーの2階か3階で食べる事ができます。

360度、景色を楽しめる構造になっていて、どこまでも広がる森、遠くに見える海を

見る事ができます。

Imgp1086

夕飯のメニューは、バリ料理や洋風料理(パスタやサンドウィッチなど)を

選べます。

Imgp1113

インドネシアの代表的温野菜サラダのガドガド。

Imgp1114

チキンのトマトクリームパスタ。

Imgp1115

バリ風焼き魚。少し辛いソースです。

珍しい事ですが、ここのお料理はどちらかと言うとインドネシア料理の方が

ハズレでした。この国では洋風料理の方がハズレる事が多く、私はいつも

ゴルフ場などではインドネシア料理を頼む事にしているのですが、ここでは

ナシゴレン・ミーゴレンなどの代表的なお料理もあまり美味しくなかった・・・です。

残念。

朝ごはんは、1階のテラス席で食べます。

うっそうとした森に張り出したテラス席は、風も心地よく、

景色も良くてついつい長居してしまいそうなほどでした。

Imgp1153

朝食は、いくつかのメニューから選べます。

アメリカン、インドネシアン、コンチネンタル、フレンチトースト、パンケーキなど。

初日にはフレンチトースト with バナナを頼みましたが、バナナが切れてしまったと

言われてしまいました。2日目はパンケーキを頼みましたが、材料がないと

言われてしまいました・・・。国立公園なのでしょうがないですが・・・ちょっと残念。

Imgp1150

食材の不足は少々不満でしたが、素晴らしい景色と雰囲気でお腹を満たしました。

昼も、夜も食事に関しては多少不満はありましたが、ここは国立公園。

多少の不便は我慢しなくてはいけない環境です。でもそれ以上に快適な宿泊施設や

にこやかなスタッフ、豊かな自然が不便さを忘れさせてくれました

Imgp1151

地震

今日、午後2時55分にマグニチュード7.3の地震がありました。

私は丁度ゴルフ場にいたのですが、大きな揺れを感じ机の下に入ろうかどうしようか

迷ってしまうくらいでした。

ゴルフ場のレストランの職員達は、我先にと外に避難してましたが

とりあえず、夫に電話してジャカルタ市内の様子を聞きましたが、

市内も結構揺れた様子。

自分のアパートにとりあえず戻らなくては・・・と急いで帰りました。

アパートの近くまで行くと、道端に沢山の人があふれています。

オフィスビルから避難した人たちが鈴なりになっていて、揺れの大きさを物語っています。

自分のアパートのロビーも、沢山の人、人、人。

聞くと、みんな地震の為に避難したのだけど、エレベーターが全基故障して、

部屋に帰れないのだとか・・・。

同じアパートのお友達と一緒にエレベーターが動くまで待ちました。

結局、地震から2時間後、私がアパートに戻ってから1時間強たってからようやく

すべてのエレベーターが再始動し、部屋に戻る事ができました。

2年前にも大きな地震があったので予想はしてましたが、部屋に戻ると予想通り、

壁に大きなヒビが・・・・。

Imgp1430

Imgp1431

あまりの亀裂の大きさ、深さになんだか笑うしかありませんでした。。。

Imgp1429

地震の影響で、家の近くの道路は超・渋滞。

大通りに抜ける道のため、渋滞がひどく、クラクションが鳴り響いてます。

みんな、我先に逃げようとしているのかしら・・・???

とりあえず、自分も含め、友人たちにも怪我をしたりした人はいないので

ひとまずは安心。

でも、日本と違って頻繁に地震のない国(と本人達は思っているが結構あると

私は思う・・・)なので、建物は耐震構造ではないから、次の地震ではどうなるか

わかりません。

こちらに住んでいる間に大きな地震がまた起こらない事を祈るばかりです

« 2009年7月 | トップページ | 2009年11月 »